2013年06月04日

6月だぁー

6月に入り、ようやく五月病が払拭できてきた模様。
苦しかった五月。
なかなか心身の状態が落ち着かず、病院でお薬を変えてもらったり、先生には、もうちょっと保育園を多めに利用する事を薦められた。

お薬の力も借りつつ、自分なりに、元気になれるよう、認知療法関係の本を読んだり、食事療法にも取り組んだりしてみたら、だんだん元気になってきた。
まあでも、本を読んだり、料理ができるようになった時点で、随分回復途上にあったと言えるので、どちらかが功を奏したわけではない、、、 と思います。
そんな短期間で効果が出るなら、苦労しないわけで。
でも今後も、元気な状態が長続きするよう、日々の生活を、見直していきたいと思います。

しゅんくんは、バリバリの二歳児に成長中。
本人も自分自身で収集がつかないイヤイヤぶりが出てきた。
ああ、もうこうなると放っておくしかないか、って感じで、でもしゅんくん自身、芽生え始めた自我と、でもまだ色んな事が上手にできないジレンマに苦しんでいる感じ。

順調に、何でも自分でやろうとする意欲も出てきて、トイレも自分で行くことが増えてきた。
でもついて行こうとすると「バイバイ」と言って、トイレのドアを閉められてしまうので、そこは任せるしかないか、、、と思って、戻ってくるまで、外で待っている事にしている。
流すところまで自分でやってきてしまうと、出たかどうかの確認も出来ないのだけど、「でたよー」と笑顔で戻ってきた時は、その言葉を信じる!
オムツは、2歳になったくらいで取ったものの、まだまだママ主導型だったので、こうして自立心が芽生えてくれた事が、とても嬉しいです★

ゆうちゃんは、年中さんになってから、言葉が物凄くきつくなってきて、怖いです(笑)
そんな口調で言わないでぇーと思ってしまう。
ママも悪いお手本にならないように気を付けないと思うんだけど、子育ては日々戦争なので、ついつい怒鳴ってしまう。。。まあそんなもんだよねぇー。
自転車はもうすっかり上手になって、一丁前に、立ち漕ぎとかもしちゃってる。
今は鉄棒にハマっていて、まだ何ができるってわけじゃないんだけど、手にマメができちゃうくらい頑張っている。家の中でもテーブルの端を使って鉄棒の真似事をして、腕力を鍛えてる模様(笑)
自転車に乗れるようになって、ゆうちゃん自身、何か大きな壁をひとつ乗り越えた気がして、前は「こわいこわい」言って、危なさそうな事は、無理にやらないタイプだったけど、今は色んな事に積極的に取り組むようになったなーって思う。

かわいい子供達と一緒に、今後も元気に過ごせるように、私自身、変わっていけたらな、と思う。
posted by ひかる at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック