2015年02月09日

水いぼ治療中

我が家の長男しゅんくん、もうすぐ4歳は、今人生初とも言える大きな試練に立ち向かってる。向かい撃ってくる難敵、その名も水いぼくんたち。
秋の初め頃から左脇の辺りから発症して、特に痛がったり痒がったりとかもなかったので、そのまま放置していたら冬頃には右鼠蹊部辺りにも広がり、脇の下やお腹周りにも広がってしまい、ようやく皮膚科へ。
かかりつけの皮膚科はとても信頼できる先生なのだけど、毎回物凄く混んで待ち時間も長く、赤ちゃんの頃からアトピー肌で時々診てもらってはいたのだけれど、その度に気合を入れていかなければならない。
水いぼができる少し前に一度診察に行っているんだけど、その時なんか診察の待ち時間と薬局の待ち時間など含めて朝から午後過ぎまでかかり、夏の暑い盛りでヘトヘトになり、それで水いぼができても足がずっと遠のいていたのも確かです。

しかし満を持して行ってみたはいいが、物凄い数の水いぼを看護師さんが、液体窒素で冷たくなったピンセットでひとつひとつ潰していく作業にしゅんくんは大泣きをし暴れまわるので、私は両手両脚をプロレス技のように使って羽交い締めにしながら、励ましの言葉を掛けつつの治療。母子共にそして看護師さんも汗だくの処置になります。それで治る箇所もあるけれど、まだ他にも広がっていったりしていて、二週間に一度は通院して30箇所ほど潰していく、、、いたちごっことも思える様な治療を年明けからずっと続けています。
それも待ち時間や子供の幼稚園との兼ね合いを考えて、私が子供達を幼稚園に送り出した後ひとりで病院に行き、午後の診療の予約を取りに行き、午後幼稚園から帰宅した子供達を車に乗せて病院まで行き、午後一番診てもらい大暴れの治療をしてもらうと言う大きな負担のある治療です。
水いぼの増え方もなかなか鎮静化してくれなかったり、お姉ちゃんにも移ったかも??と思わせる発疹を紛らわしいことに出したりするものだから、最近は毎週通っているという状態。いつまで続くのか、先の見えない闘いに気苦労も絶えません。

二歳半からスイミングも続けているのだけど、やってるから増え続けるのかな?なんて疑惑もあって、でも泳ぎに関して最近やっといい感じで進み始めたところで、本人も楽しくなってきたみたいで、何となく勿体無い気持ちもあって、それが原因なのかはっきりしない事も含めてなかなかやめる踏ん切りもつきません。

今朝も予約を取ってきたので、今日も午後は格闘が待っています。
それでも息子が偉いなと感じるのは、鈍感なのかもしれないけど、行って処置してもらうときは大暴れするけれど、終わってしばらくすれば機嫌は直ってくれるし、次行くのも嫌とは言わないのです。割とケロっとしてます。そして一緒に付き添ってくれるお姉ちゃんも、大変な思いをしている弟を宥めようと必死で妖怪ウォッチの話をしてあげたり、気を遣ってくれるので、私がひとりで連れて行くより、しゅんくんもお姉ちゃんが一緒の方が気が紛れるみたいです。
大変だけど、家族で力を合わせて難敵を退治できたらいいなぁ〜。
posted by ひかる at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | しゅんくんの成長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しゅんくん!がんばれー!!
読んでて少しうるっときちゃいました!!
私はしゅんくんファンなんで、是非是非乗り越えて欲しいです!!
ママが1番大変だと思いますが、身体壊さないように!!
Posted by ひろのかなえ at 2015年02月09日 12:20
>かなえ
滅多にコメントが付かないブログなので、せっかくコメントくれていたのに、レスが遅れてごめんね。
しゅんちゃん、がんばってるよぉー。
何とも健気で、大変だけど、やっぱり頑張らないとって思う。
最近は兄弟で助け合う姿も大いに見られるようになって、頼れるお姉ちゃんにも助けられてる。ありがとう!頑張るねっ!!
Posted by ひかる at 2015年02月13日 13:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック