2009年06月26日

おめでとう!!

今朝、茜ちゃんの赤ちゃん生まれたらしいわ★
メールで報告もらってビックリしちゃったー!
一人で興奮しちゃってた。
もちろん、昨日会うにあたって、会ってる最中に産気づいても、一緒に居て冷静に対処しようという覚悟ではいたんですよ。

しかもかなり安産だったみたいで、ホント良かったねー!
羨ましいわー♪
いいな、いいな、赤ちゃん★
って、優希もまだまだ赤ちゃんですけどねー。

報告もらった時、一人で興奮して、優希に
「茜ちゃんとこ、赤ちゃん産まれたってー!昨日会ったお姉ちゃんだよー!お腹大きかったでしょ?すごいねー、すごいねー」
って話しかけてしまった。
だって感動を共有できる人、他にいないじゃん。
優希ちゃん、何のことやら顔でしたが。

自分の出産の時の事を色々思い出します。
ホントに必死だったし、痛かったし、死にそうだったし、手術前後は体の震えが止まらなかったし、産んだ直後は夫に
「二人目は暫く無理だわー」
とか言ってたくせに、今思えばそんな全てがいい思い出になってしまい、猛烈に二人目願望が高まってしまっている…。
懲りない奴。
だって、子供、メチャクチャかわいいもん♪

離乳食、順調に進めよー…とか勝手な事を言ってみたり(笑)
まだ優希が母乳をガンガン飲んでるので排卵がない状況なのに
「二人目妊娠したら、どこで産もうかしら?」とか、
「入院したら、優希は実家に預けないといけないんだよな…」とか、リアルに妄想してた(汗)

あはは、でもホント良かったー♪
早く茜ちゃんの赤ちゃんに会いたいです★
茜ちゃん、入院中は、ゆーっくり休んでね!
眠れない日々が待っているから!
posted by ひかる at 21:18| Comment(0) | 出産とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出産間近!

ラヴィーバムズのオムツカバー達がどうやらアメリカから発送されたらしい。
早くこーいよ♪

昨日は、出産を間近に控えた茜ちゃんに会ってきました★
予定日5日前の妊婦さんとお茶の約束をしちゃう私って大胆??
だってさー、臨月の妊婦さんって孤独なんだよ…
病院の近くから動けないし、動けないし、動けないし、明日の予定も立たないし…
私も船橋付近から動けず、丸1ヶ月、悶々と時を過ごしてたのを覚えています。
早く産まれろー!産まれろー!って大掃除したり、ハードにウォーキングしたり。
でも全然産まれなかったー。
まあでもね、優希はちっちゃかったから、あれ以上早く産まれてたら、きっと大変だったしね。
って、今になったら、そう言えるけど、臨月の頃は、精神状態最悪でした。
毎日泣いてました(笑)

だからねー、私も茜ちゃんのおうちの近くまで会いに行きました。
何気に近いので。
サイゼリヤで1時間半くらいお茶(水?←私はプリンとお冷だったので(笑)ケチ主婦ですみません)しました。

茜ちゃんは、私よりずっとゆったり構えてるみたいで安心しました。
赤ちゃんも穏やかな気持ちで、ゆっくり産まれてこれると思う。
お腹を触らせてもらった感じ、もうパンパーン!で、今にも出てきそうだった。
もうかなり下がってる感じでした(素人意見ですが…)
そりゃそうか、もうあとちょっとだもの。

茜ちゃんと、出産の話なんかをしていたら、何だか猛烈に二人目が欲しくなりました!!
ああ、早く生理復活しないかなー??って、まだまだ先やねー。

優希ちゃん、最近授乳間隔がだいぶ空いてくれるんで、4時間くらいの外出中、授乳しなくて済んじゃったよ…!ありがとう、助かるわ、ママ。
そして帰宅後、思ったより元気でおっぱい飲んで、暫く遊んで、そっから3時間も昼寝…。
助かるわ、ママ。
夕飯は、蒸し鶏で、朝出掛ける前に作って冷やしておいたので、お料理が楽々〜♪で、久しぶりにゆったりとした気持ちで過ごせました。
この夏は蒸し鶏で乗り切る予定!

昨日は優希もお出かけして、疲れて、よく寝て、家の中でもいっぱい遊んだので、疲れて7時半完全就寝でした。
でも日中4回しか授乳しなかったせいか、夜中は2回授乳…。
優希ちゃん、もう明るくなったら目覚める体質なんで、最近朝ちょー早いんですけど…。
今日も5時にはパッチリおめめで、ママが隣で寝てると「うーん、うーん」って唸って不満を訴えるんで、結局寝てられない。
まーでも暑いうちは優希と一緒に早起きして、涼しい間に家事を済ませてしまうのはいい事だよね♪
posted by ひかる at 09:19| Comment(0) | 出産とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

はじめての育児

産後(術後)の経過が非常に良好だったので、予定より1日早く退院できました。
5日に退院してきて、家に帰ってきて、夫と二人、そして母にもほぼ毎日手伝いにきてもらって、初めて育児に奮闘中です。

出産は想像していたより、ずっと大変でした。
前期破水からお産が始まっちゃったせいで、その後微弱陣痛が始まって、私はてっきりこれが陣痛だと思っていたので「これが陣痛?こんなもん?」なんて、なめてかかっていたんです。でも時間が経つと痛みはどんどん強くなっていて、そしたら、助産師さんに「まだ陣痛来てないもんね…まだまだだね」なんて言われて、「これ陣痛じゃないんだ…じゃあ、あとどれだけ時間がかかるの??」って凄く不安なまま過ごしていました。

だから、どこからが本陣痛だったのか、って結局よくわからないままなんです。
手術の直前もかなり痛かったけど、まだ陣痛来てないものだと思っていて、でも何でこんな痛いんだぁ!ってパニックになって、体が震え始めていたところでした。
そこで先生が来て、赤ちゃんの心拍異常が見られるので、まだ子宮口は4cm開大だし、あと10時間くらいはかかると計算すると、赤ちゃんが仮死状態で産まれてくるかも…という事で、即手術に。
でも正直な話、あと10時間陣痛に耐える自信は私にはなかったんです。だから手術って言われてホッとしている自分がいました。
陣痛って、すごく迫りくる感じというのと、かなりの長時間に渡るという点で、精神的にもキツイものがありました。だから、もう早くお腹切っちゃってぇ〜って心境にもなるんですね。恐ろしい事に。

この時点で、陣痛は痛いし、赤ちゃんは心配だし、もう、まな板の上の鯉状態。
言われるがままに手術台に横たわり、麻酔を打たれ、お腹を切られ…赤ちゃんが取り出され、「赤ちゃん元気ですよぉ〜」と言われ、少しして産声が聞こえてきて、ホッとしつつも、お腹が切られてる感覚とかわかるし、「早く手術終わってぇ」と願うような気持ちでいました。
あの麻酔の感覚は、怖いですね。大トトロでも腰にのっかってるみたいなぁ〜ずっしり重い感じ。そして、局所麻酔だから、意識はあるので、お腹切ったり、引っ張ったり、っていう感覚がわかっちゃうのが怖かったです。
赤ちゃんは、産まれてすぐ手術室の外で待つ夫の元に連れていかれたので、初めて抱っこは夫に取られました。

しかし、産後の母体の回復力って、本当に驚異的なんです。
術後は、後陣痛やら、傷やら、何やらよくわからないけど、体中痛くて痛くて、体を一ミリ動かすのも痛くて、こんな状態で、退院の日に歩く事なんてできるんだろうか?って思っていました。
でも産んだ翌日、赤ちゃんを連れてきてもらって、授乳させてもらったりとかしていると、凄く穏やかな気持ちになれたと同時に、もうお母さんになったんだから、頑張らないと!っていう気持ちも強くなり、痛みをこたえて、頑張って体を動かし、その日にはベッドと部屋のトイレとの往復くらいでしたが、支えを使って歩けるようになっていました。
お陰で退院も自然分娩の方と同じ日にできたし、退院した日から、育児に励む事ができました。

夫は、新生児を抱くなんて初めての経験だったので、肩に力が入り過ぎて、ガチガチになっていましたが、助産師さんに「ミルクはパパがあげてみますか?」と聞かれると、恥ずかしげもなく「パパがやります!」とか言っちゃって、張り切って、初授乳に挑戦していました。

赤ちゃんの名前は、優希(ゆうき)と名付けました。

毎日、優希は、おっぱいもいっぱい飲んで、よく眠ってくれて、元気に育ってくれています。
最初は、私も母乳があまり出なかったので、ミルクを足したりもしていましたが、今は完全母乳で育てています。
まだ上手に吸えないので、吸いつくまでに30分以上、お腹が減って暴れる優希と格闘したりして、疲れてしまう事もあるけれど、授乳している時は、すごく幸せな気持ちになれます。

オムツも日中は布を使っています。洗濯は少し大変だけど、これくらいならこなせるという気がしていて、まあ結局エコというのもあるけど、今はオムツも大量に消費してしまう時期だし、紙オムツで全部やっていては、オムツ代もバカにならないという事もあって、ケチ根性で、紙は夜だけにしています。

退院したばかりの頃は、夫の方が初めて育児にいっぱいいっぱいになっていて、心配しました。
だって顔が必死なんですもん。今もお互い時々いっぱいいっぱいになってはいますが、同時に倒れる事はないので、どっちかがしんどい時は、どっちかが頑張って、みたいな感じで、助けあってやっています。
でも授乳は、私にしかできないからねぇ(笑)

優希も、2530gと小さく産まれたので、産院では、他の子と比べて、随分やせっぽっちな優希を見て心配になったりもしたけど、今はよく飲んで、よく寝て、少しずつふっくらしてきている様に見えるので、安心しています。
オムツ替えの時なんかも、暴れて暴れて、キック炸裂で、大変なくらい元気です。

早くお出かけできるようになったらいいのにな★
posted by ひかる at 00:00| Comment(0) | 出産とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする