2014年04月24日

ママのプチ子離れ

下の子の幼稚園もお弁当が始まりました。
午前保育期間は、こっちも何だか手持ち無沙汰感いっぱいで一人で買い物してても、何しててもソワソワしてて、落ち着かなかったけど(別に息子の事が心配だとかそんな事ではなくて)、1時半まで一人となると、自分自身の時間の使い方を考えていかないとなーと思い、とりあえず朝ジョグを始めました!

もともと下の子が幼稚園に行ったら、運動したいなーと思ってはいて、とりあえず手軽にできるものと言ったら、ジョギングでしょー!と思い、ジャージ姿で子供達をバス停まで見送った後、そのまま近所のジョギングロードへ出て走っています。まだ今日で3日目ですが(笑)

ゆうちゃんを妊娠してからは全く走ってなかったので、6年以上のブランクがあり、初日にはあまりの身体の動かなさに衝撃を受けたので、まずは怪我しない程度にゆっくりでいいからまとまった距離を走れるようになりたい、、、!!!と思って、できる限り走れる日は走ろうと思っています。
今のところ、一周約2kmのコースを使って2〜3周、前後の道のりは軽くダウンを兼ねて歩いたり、って感じですが、今は気候も良いし、初日走った時の爽快感は近年味わった事のないものでした。
暑くなるまでには10kmは普通に走れるようになっていたいっ!

息子も最初の3日は、年少さんの保育室で泣いていたようですが、もうすっかり慣れた様子で、公園でも年長さん年中さんのみんなと一緒に遊べるようになっていて、慣れるのはやっ!と驚いてるところ。
お弁当もしっかり食べるし、疲れていればバスで仮眠とって来てくれるので、その後お昼寝しないで済むので、いい感じの生活リズムができつつあります。

ゆうちゃんが年少さんの頃に家で披露してくれてた手遊びを、今度は下の子がやってみせてくれて、私も「そういえばこんなのやってたなー」と懐かしく思い返しています。

来月は母親参観もあるので、楽しみぃーーだけど、母親参観は二回行かなきゃだし、役員の会合も3回はあったし、忙しくなりそうです!でも二人が幼稚園に行って、新しい展望が開けてきた気がして、今は少しワクワクしている。でも5月病にならないように気をつけまーす。
posted by ひかる at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

実家滞在中の事、色々

いつからだろう??すごく調子が悪くなったのは??昨年末から今年に入って、私自身の通院の回数が増えている。服薬している薬の量も増えてしまい、結果通院を余儀無くされている状態。ずっと渋っていた血液検査も受けたけれど異常はなく、安堵というより落胆の気持ちの方が大きかった。内科的な異常が発見されれば、それはそれなりの治療法が確立されていたり、はっきりとした原因を見つけられたら、症状も改善されるのではないかという期待も持てるけど、、、皮肉なことに体は至って健康なんだな。体調管理や食事にはかなり気を遣ってるのもあるかな??

今は、病院の先生に勧められて、最も簡単にできる認知療法として「今日で来たこと」をノートに列挙しておいて、夜中に帰宅するパパにも一応目を通してもらうことにしている。けど、、、効果はよくわからない。

ゆうちゃんも習い事でチアダンスを始めたり、しゅんくんもプールが好きで行かせていたりで、何かと忙しい春休み。ママもほぼ終わったけれど、入園、進級の準備が色々あって、バタバタと過ごしていました。何とか予定の合間を縫って20〜24日子供達と3人で実家に帰っていました。
普段よりはゆっくりはさせてもらえるのだけど、ゆっくりするのも苦手だったり、環境が変わるのも苦手だったり、あまり症状は改善されないまま、滞在期間も終わってしまいました。

とは言え、持参した本は二冊は読めたし、幼稚園関係で縫わなきゃならなかった雑巾とか、カトラリーケースとか、お手拭きタオルに紐と名前を付ける作業も、何とか滞在中に終わらせる事ができた。
22日には、稲毛にあるスケート場に連れて行ってもらい、ゆうちゃんとはかなり滑れた。ここは本物の氷だから、だんだんと削られてきて、削られた氷が雪のように積もり、子供はよく転ぶのでゆうちゃんはパンツまでビチョビチョになっちゃうし、喘息の運動発作も出て少し辛そうだったけど、うちの子達ウインタースポーツは好きみたいで、しゅんくんもリンク内最年少か?ってくらいちっこい癖に果敢に滑ろうとしていたし、ゆうちゃんも苦しそうなのに「あと2周はするー」と根性を見せていた。ママも氷上のスケートはすっごく久しぶりだったけど、子供を見てもらってる間に結構スピードを出して滑走できて、気持ちよかった。やっぱり私はスキーとかスケートとか滑走系のスポーツが好きだー!と思いました。いや、スポーツ全般好きだけどね。
4月からはしゅんくんも幼稚園に行くし、少しはスポーツでストレス発散できたら、私自身の心の状態も違ってくるかな?
「どうやったら気分転換できる?」てのが、人生最大の命題です。

実家から帰る日、ららぽーとでドラえもんの映画も見てきました。これまで二人とも、戦隊ヒーローものとプリキュアの映画はクリアしていたのですが、この春はドラえもんにチャレンジしようという事になり、でもそれまでの物よりちょっと長いので、大丈夫かな?と不安もありました。、、、まあ、不安的中でした。エンディングテーマが終わりに差し掛かり、もうすぐ帰るか、、、という時に、私の膝の上にジワーーーと温かみが、、、、(笑)しゅんくん、2時間ちょいおしっこ持ちませんでした。見ながらジュースも飲んじゃってたしね。。。まあ、ママとしゅんくんが濡れただけでシートを汚したとかじゃなくて良かったです。しゅんくんは其の後、すぐに着替えさせ、ママは何とか自宅までは濡れたジーパンで車運転して帰りましたよ(汗)幸い暖かい日で冷たいのが苦痛じゃなくて助かりました。(笑)
そんなアクシデントはあったものの、二人ともしっかり座って静かに鑑賞できたし、ママもドラえもんレベルになると、かなり楽しめる。ジャイアンが男らしくてかっこ良かったです!!

しゅんくんが幼稚園に行ったら、たまには一人で映画も見に行けるかな??


posted by ひかる at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

最近の色々

最近の我が家の近況を適当に。

パパは毎日多忙で、休みもあまりなく、今までのサラリーマン人生でもこんなに忙しいのは初めてじゃないかくらい働かされてます。明らかにダンダリンに取り締まられる労働環境(笑)

ママは毎日何とかがんばって生きています。
パニック障害との戦いがやはり今の課題。平日下の子と二人で過ごすのはあまり問題はなく、買い物もスムーズにはできるようにはなっていますが、二人連れての外出がダメで、二人を休みの日にどこかに連れて行ってあげるっていうのがなかなかできなくて、そんな自分が情けなくて苦しいです。
だからと言うわけではないけれど、家の中で少しでもゆうちゃんを楽しませてあげられる事はないかなーと思い、最近はよくお菓子作りを一緒にやってます。
お料理大好きっこなので、卵割ったり粉もの混ぜたりは、もうお手の物なので、簡単なものを色々一緒に作るのが楽しい。
先日の運動会にて、母親競技のにんじん獲り競争で図らずも優勝しちゃったママの戦利品である、大量のにんじんの消費にキャロットケーキも一緒に作ったし、昨日はお芋掘りでいっぱいおいもを採ってきてくれたのでさつまいもケーキも作りました。
他には下の子も一緒にできるのが、白玉粉を使ったお団子作り。
白玉粉さえあればカンタンで粘土遊びの要領でできて楽しい。
今の自分にできる精一杯の子供への「おもてなし」かな??(笑)

ゆうちゃんは、先日の運動会の徒競走で6人中4位という結果があまりにも不甲斐なかったらしく、翌週末蕁麻疹が出て病院に行った時、先生に「最近嫌なことあった?」と聞かれ、「運動会で4位になったのが嫌だった」と答えてた。運動会から5日程経ってから出た蕁麻疹の原因が徒競走の敗北感ですか???まさかそれはないと思うけれど、それくらい本人にとっては尾を引く結果だったらしい。まあ確かにゆうちゃん、走りは遅くはないし、なかなかのフォームで走ってると思うんだけど、如何せん緊張しいだからさー、スタートが明らかに遅れるんだよねぇー。スタート時は明らかにビリだったもん。
でも悔しいという気持ちは、何事も努力する原動力になるからね!!いい事だと母は思っております。

ゆうちゃんは、文章も随分長いものを書くようになり、カタカナも漢字もアルファベットもまじっていたりして、自分なりに経験値で色んなことを学び獲得してるからすごいなーと思う。母は極めて教育不熱心なのにね。計算問題とかも解くようになってて(これはパパと一緒にお勉強してました)、簡単な足し算は暗算できるようになってたり。お前さん飛び級しすぎだよぉー。小学校に行って、早くお勉強とか宿題がしたいんだって!(笑)子供として、健全じゃないと思うけど、そういうの。
本を読むのも相変わらず大好き。ママが自分の本を読んでる時「ママはどうして声出さないの?」って聞かれたから「頭の中で読んでるんだよ」って答えたら、最近時々黙読のトレーニングをしているらしく「頭に中で読めたよぉ〜」と嬉しそうに報告してくる。これからもいっぱい本を読んで色んな世界を知って欲しいな。
ゆうちゃんに関してはいつも親バカになっちゃうけど、やっぱり賢いなーって思うことが多くて、その分色々好奇心も拘りも強くて、親としては制御できず苦しかったりして、こんなこと言ったら親としては失格かもしれないけど、私がパニック障害で苦しむひとつの原因はゆうちゃんの好奇心の強さにあると思っている。どこに行ってもなかなか帰れなかったり、あれしたいこれしたいが強すぎて、それには全部応えてあげられないし、外出先でこっちが発狂しそうになる事が多々あって、こういう経緯になってしまったという氣がして。でも別に恨んでるとかじゃなくて、それに応えてあげられない自分の弱さを呪ってしまうんです。
でもやっぱりこういう子だから、こんなに色んなことを吸収する力があるんだと思うし、私も少しずつだけど、ゆうちゃんの気持ちを汲んであげられる親になっていけたらと思う。

しゅんくんは、お姉ちゃんのようにこだわりは強くはないし、男だから単純だし、戦いごっことか、男の子特有の激しさはあるものの、どこへ連れてくのも苦労はしないのだ。
男の子育児に必要な体力は、自分なりに兼ね備えてるつもりだけれど、難しい女の子の気持ちに応える精神力に欠けるといったところか。
しゅんくん、最近随分よく走るようになって、路上で手をつなぐのを拒否され「じぶんであるける!!」と言っては走り出すので、追いかけ回りたりが少し大変なお年頃。
アスレッチックとかブランコも上手になったので、一緒に登ったり乗ったりはしなくても大丈夫なった。
おしっこの間隔も随分空くようになって、トイレにもそんなに頻繁に連れて行かなくなて良くなったし、立ちションが家でもできるようになった。男の子は立ちションできるとすごい楽!和式しかなくても全然困らないのが良いわぁー。トイレに行くには猛烈に嫌がるけどね、もうそこは米俵式に担いで連れてってます(笑)今12kgくらいあるけど、そういうのは全然苦じゃないな。
キョウリュウジャーが相変わらず大好きで、でもそのお陰で数字を随分覚えた。ゆうちゃんはこの時期数字とか読めていなかった気がするんだよね。やっぱり数字とかは男子の方が強いのかな??
どんな事も好きなことから吸収してくのが一番だものね!
2歳半になって、スイミングを習い始めたしゅんくんですが、最初は泣いてたけど、今では随分慣れたみたいで、結構自由に楽しそうにやっている。ゆうちゃんよりもスイミングは向いてるかも??泳げるようになって欲しいとかじゃなくて、私の時間つぶしに連れてってるような物だけどね。
上から見てるの可愛くって、一応本とか持って行ってるんだけど、1時間上からレッスン眺めてても可愛くって全然飽きなくて、結局本読めないで終わってしまう。ははは親バカ。こうやってゆっくりレッスン眺められるの未就園児のクラスだけだし。

まあそんなこんなで、毎日苦しくも楽しく生きております。
もうすぐにしゅんくんの入園面接とかが待ってます。
もうすぐ入園も決まり、来年には二人とも幼稚園に行くので、ママも自分の時間の使い方を考えないと!

posted by ひかる at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ママの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする